3Dでランニングのお供

1ヶ月以上走ってない。
理由は左手の薬指を骨折してたから。

1ヶ月でギブスは取れましたが、全然指が曲がらない。リハビリ頑張ってます。

で、3Dプリンターネタ

以前から作りたかったものがあって、実際は革製品の方がしっくり来ると思ってたけど、せっかくなのでやってみる。

というのは、僕は週に2回くらい10km程度走るのが習慣なんですっての話から。

ランニングする時は余計なモノは持ちたく無いんですよね。
10年くらい、ずっとナイキのアプリで走ったデータを記録してたので以前はiPhoneをどう持って走るかがテーマでしたが、アップルウォッチが3?でセルラー対応した事で、スマホを持たなくても走りに行けるようになりました。途中で水分補給もアップルウォッチのスイカで買えるし。そうなると、タオル以外は何も持ちたくない。

行きがけの神社などにお賽銭したいので、小銭はポケットで良いが、家の鍵は万が一を考えるとポケットだと心許ないという訳です。
それで僕がよくやってたのが下の写真。

(上記写真左)鍵に手芸のお店とかで買えるナスカンってのをつけていて、これを靴紐に引っ掛けて、(写真右)鍵の先を靴紐のクロスしたところに突っ込む。(写真右)

これで鍵は無くさない。絶対。。多分。。

これはこれで解決してそうなんだけど、全ての靴で良い感じで鍵が入るわけでも無く、走る時用に靴紐に大切なものをつけておける様なアイテムがあったらな〜。というアイデアでした。

で、3Dプリンタで作ってみた。

こんな感じのケース。素材はPLA。ガチガチの硬いプラスチック。
我が家の鍵をしっかりホールドするくらいの厚さの空間を作り、ケースの先には靴紐に引っ掛けるフックをつけてみた。

付け方は、上の写真左から。
1、靴紐にナスカンを引っ掛ける。
2、靴の一番先の靴紐が真っ直ぐのとこにフックをかける。
3、靴紐をぎゅっと結ぶ。以上。

こんな感じで収まります。
これで走っていても安心かな。

ひとまずこれはこれで。でも、ナスカンで良いのかな?。もうちょっと進化が望める気がする。以後ちょい工夫しましょ。

万が一、欲しい!って人がいたらコメントください。

, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Translate »